「未来の学校のスケッチブック」の記事を連載します。
noteにも同内容の記事をアップしていきますので、そちらから最新の記事を受け取ることもできます!
 
(はじめに一番トップの記事をお読み頂ければと思います。あとは特に記事に順序はありません。)
 

 
 
 
#名も無いシステムへの想い
 
#子どもを育てるのはメソッドではなく心という話。
 
#システムの自由度は、それを作る(=デザインする)人の意識の自由度に依存するという話。
 
#子育て、教育、大人としての日々‥ は、すべて地続きで同じという話。
 
#1人ひとりが自分を表現すれば、この世界は完成するという話。
 
#経緯(いきさつ)が学ぶ人の姿勢(意欲)を決めるという話。
 
#枠組みの次元を1つ上げると、問題は解決(消滅)するという話。〜集団←→個別というトレードオフの図式を超える〜
 
#人は、自分が自由であるぶんだけ、人を自由にできるという話。
 
#文理は分離という話。〜境界(分断)を癒す〜
 
#最先端は現在(いま)の延長線上にはないという話。
 
#子どもの“動き”を止めない子育て・教育
 
#現在(いま)を否定しない未来
 
#すべての人それぞれに、それぞれの道(歩み方)があるという話。
 
#信頼がすべての基礎になるという話。
 
etc…