#1枚の絵をめぐる物語がはじまる

 
 
 
ここに1枚の絵があります。
 
それは「未来の学校」の姿を描いたもので、同時にそれは、未来の私たちが、笑顔に溢れ、個々の才能をごく当たり前に発揮しながら、お互いの調和のもと、気持ちよく楽に生きている世の中(社会)の姿でもあります。
 
 
この絵は、実はすでにあるもので、遠い未来からか、あるいはずっと昔の時代からか、おそらくはそのどちらでもないところからやってきました。決して、たとえば僕という1人の人間が、考え出して描いたものではないということです。きっと多くの人がこの絵を見たことがあるでしょう。でもそれは、おぼろげにしか思い出すことのできない夢のようなものかもしれません。
 
 
僕は、人生のある頃から、いつかその絵を描いてみたいと思うようになりました。自分の観ているその絵を、ちょうど「ナスカの地上絵」のように、この地球の大地に、壮大に描いてみたいと思うようになったのです!
 
 
でも、ここに1つだけ問題があります。その絵の全体を、いまここで、パッとひと目に表現することはできないということです。なぜなら地上絵は、地面に立つツアーガイドが口で説明するものではなく、空高く飛び立ち、この“眼”で見るものだからです。
 
1つの〈世界〉を、まずこうで、ああで、そうしたらこうなるので、それでこうなりますと、直線的/論理的に表現することはできません。実際のところ、私たちはそういうふうにコミュニケーションを取るのですが、それでは世界を世界たらしめている部分が、ごそっとこの手のひらからこぼれ落ちてしまいます。
 
それでも、それははじめから“完成”しているのです。
 
 
私たちがいま生きているこの社会は、かつて誰かが思い描いたもの。それぞれの側面において、強い影響を与えた個人もいるでしょうし、人々の集合的な意識がつくりあげてきたものでもあるでしょう。
 
いずれにしても、未来の学校がどのような場所であるか。そして、それが社会全体とどのように有機的につながり、学校の内と外、また子どもたちの学びと人生が、いかに断絶なく地つづきになっているかという学校教育システム全体の絵をどう現していこうか。
 
そんなことを思っていたときに浮かんだアイデアが、この《スケッチブック》でした。
 
 
未来のビジョンの多次元的な一面を、1枚1枚のスケッチに描きとめ、それらが相互に連環しあうような1冊のブックにまとまっていったとき、徐々にその「絵」が、より具体的な輪郭をともなって浮かび上がってくるのではないか。
 
それはとても明るい絵で、見る人の心が希望と喜びで踊りだすような、そんなワクワクする絵になるはずです!
 
 
シミズカイル/未来の学校フェルマータ
 
 
▶️ #名もないシステムへの想い