代表メッセージ 「全身で学ぼう!」

はじめまして、未来の学校フェルマータを主宰している清水です。
当HPにお越しくださり、ありがとうございます。
 
僕からの子どもたちへのメッセージは、「全身で学ぼう!」です。
 
勉強は頭だけでするものとは限りません。僕たちはみな、カラダ全体を使って物事を経験し、色んな経路(チャンネル)から情報を得て、正解にこだわらずむしろ自分自身を注ぎながら、学び成長していくものだと思います。
 
未来の学校では、そのための“仕掛け”として、具体的な「アクティビティ/プロジェクトから始まる学び」を実践しています。ときには大きく声をあげて、ときには自分のなかに深く集中して、皆で色んなことに挑戦していこう!

 
 

★2019年6月、日曜定例教室がスタートします!

フェルマータでは、これまでワークショップ形式で教室を行ってきましたが、より発展的なかたちでアクティビティ型の学びを展開していくために、日曜の定例クラスを“開校”する運びとなりました。
 
初回は、6月23日(日)〜の「手づくり梅酵素ジュースからマイクロバイオームの世界へ」の予定です。
 

『未来の教室』の参加メンバーを受付中!(定員10名ほど)

 
 
 
簡単な自己紹介

清水 敦(シミズ アツシ)
1982年8月14日、東京で生まれる。
小さい頃から好奇心が旺盛で、声を上げながら何かと走り回っていた(と思われる)。
 
小学生の時など、外遊びが好きだった僕は、自転車のスタンドで後輪が空転するようにしたところに落ち葉を山積みにし、自転車を猛烈なスピードでこいで、枯れ葉を後ろにかき飛ばしまくる「歯医者ごっこ」をしたりしていました(それを友達と2台並んで大笑いしながらひたするやる)。
 
卒業式で、壇上から1人ひとり将来の夢を言っていく場面。自分の番が来た時、ポンと飛び出てきた言葉は「世界中を旅して回ること」。
 
私立武蔵中学校・高校に進み、自由な空気のもとで思春期を過ごす。なぜか心に残ったのは、中学1年の入学式で、「今日から君たちを大人として扱います」と言った校長先生の言葉。部活では硬式テニスに没頭し、音楽に目覚めたりもしました。その後、木々の緑とひらけた青空が印象的だった開放的なキャンパスの一橋大学(経済)に進学。卒業後は金融機関に勤務し、中核部門における営業チャンネルの連携推進や、マーケティング業務などに従事しました。
 
自分の人生を見つめる中で、子どもたちの学習支援に取り組むようになり、これまで多くの生徒たちと時間を共にしてきました。2014年には、東京から信州に移住することを決め、パートナーと共に、縁あった上田市で自分たちらしい暮らしと仕事づくりに邁進中。
 
未来の学校で、お会いできるのを楽しみにしています!